ゼロがマルになる

とてもいいブログ(にします)

すぐ怒る人が嫌い。バカバカしいからそんな人に気を使うのやめた。

スポンサーリンク

ゼロガ丸です!

 

すぐ怒る人っているじゃないですか?

 

なんなんですかね?

 

ホントに!

 

僕そういう人ホントに嫌いなんですよ。

 

場の雰囲気も悪くなるし、

 

純粋に腹が立つ!

 

そりゃ生きれればストレスを感じることもあるし、イライラすることもある。

 

それはわかる。

 

けどそれはみんな同じだからな。

 

みんな内心イラついてるのを抑えて大人の対応をしてんだよ!

 

自分だけが大変だみたいな面して

イライラを周囲にまき散らしてんじゃねえよ!

 

お子ちゃま過ぎて話にならんわ!

 

とまあ、すぐ怒るひとにたいする怒りをブログでぶちまけるという大人な対応を見せたわけですが、

 

すぐ怒る人がなんで怒るのかを僕なりに考えてみました。

 

怒る理由

①単純にストレス発散のため

②自分の思い通りにするため

③ 怒ることが指導だと勘違いしてる

 

①単純にストレス発散のため

単純に腹が立ったから怒ってるんですね。

子どもか!

 

まあ、別に腹が立ったから怒るってのは普通のことなんですが、

すぐ怒る人は沸点が低すぎてしんどい、、、

 

いい大人なんだから感情のコントロールくらいしてくれ。

せめてコントロールしようとしてくれ!

 

②自分の思い通りにするため

これはタチが悪い。

自分の思い通りにするために怒る。

完全にヤカラですよね。

 

人は誰でも怒られたくないですからね。

怒られた人は怒られないように、すぐ怒る人に気を使うようになる。

結果、すぐ怒る人にとって居心地のいい環境になっていく。

 

調子に乗ってちょっとでも気に食わないことがあるとすぐ怒る。

 

フザケンナ

 

なんでてめえみてえなもんに気を使って、言うこと聞かなきゃなんねえんだよ!

 

③怒ることが指導だと思ってる

いわゆるクラッシャー上司ですね。

部下をこき使い、失敗を決して許さない上司。

部下を消耗品のごとく使い潰して自分は出世していく。

 

彼らは怒ることで部下が成長し、緊張感を持つことで高いパフォーマンスを発揮すると勘違いしてます。

 

ミスを犯した部下を叱り、その後、成果が出た場合、上司は自分が叱ったおかげだと思います。

けど、上司が叱ったことと、その後部下が成果を出したことに因果関係はないそうです。

 

まじで勘弁してほしいですね、、、

 

対処法

 

いつまでも彼らの攻撃を耐え続けてるわけにはいきません。

てか無理です。

クラッシュされます。

 

しかもバカバカしい。

なんでそんな奴らにこっちが気を使って疲弊しなきゃならんのか?

 

ということでそれぞれの対処法です。

 

①ストレス発散型と

②支配型

 

彼らは基本スルーしましょう。

彼らが

子供であること

自分を思い通りにしようとしていること

 

を理解し、華麗にスルーです。

「あー、はいはいいつものね」って感じで。

 

スルーしきれない場合は、直接反撃しましょう。

 

攻撃は最大の防御です。

 

こっちが悪くないのに怒ってきたら強い口調で反論をする。

 

実際反撃は効果があります。

 

結局、無抵抗の人に怒るんですよ。

そういう人たちは。

 

ホントにクソですね。

 

③怒ることが指導だと思ってる

 

これが最も危険。

日本の闇。

 

何が危険か?

 

それは彼らが自分より立場が上なこと。

立場が上で自分を評価する人物であること。

 

なので、簡単には逆らえない。

 

クラッシャー上司は本当に部下をつぶします。

 

僕は潰されはしなかったですが潰されかけたことはあります。

僕は危険を感じて手前で逃げたので、幸い潰れずにすみましたが、

クラッシャー上司の被害者が身近にいます。

 

対処法は逃げることです。

相手は立場も上で、何人も潰してきた経験があり、まともな神経ではありません。

 

真っ向勝負は危険です。

 

そもそもクラッシャー上司を雇い続けている企業に属していることが危険です。

まともな組織とは言えません。

いずれ潰されます。

その前に逃げましょう。

とりあえず3年なんて言ってられません。

 

今の時代、若い人は働き口なんていくらでもあります。

また、お金を稼ぐ方法だって一つではありません。

 

僕の場合は正社員自体、自分に合ってないと気づき、今は非正規雇用で生計を立てます。

現在28歳ですが、自分のやりたいことに時間やお金をかけて、

のびのびと過ごしています。

 

東京で一人暮らしをしてますが、お金にも困っていません。

お金の面に関してはこちらの記事に書いてありますので、興味のある方はご覧ください。

【月収公開】フリーターが東京で一人暮らしして貯金はできるのか?

 

 

逃げてでも生きろ

逃げろなんて無責任なことを言うなと思うかもしれません。

確かに僕はあなたの人生の責任は負えません。

 

けど、一番大事なのは生きることです。

 

次に大事なのは健康であることです。

 

若い人は

健康に生きていればいくらでもやり直せます。

 

家族がいる人は

家族を守るためにも、健康に生きてください。

 

無茶な戦いを続けて潰されないでください。

 

潰されるくらいなら逃げてください。

 

辛いときは逃げたっていいんです。

 

生きていれば案外なんとかなるもんです。

 

今の時代、方法はいくらでもありますからね。

 

たまには気分転換に旅行なんていかがですか?

 

 

住む環境を変えてみるのもありかも?

祝い金がもらえる賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」

 

 仕事だっていくらでもあります。

転職エージェント・ワークポート

 

 逃げてでも生きて

 

笑って暮らしましょう。

 

 

僕の過去

父の死が僕に与えたものはトラウマだけじゃなかった。

僕の今

28歳で非正規雇用・恋人なしの僕が胸を張って幸せと言える理由

僕のこれから

50記事書いてわかった。僕がブログを書く理由。理想の環境を作りたいんだ。