ゼロがマルになる

とてもいいブログ(にします)

自転車で日本縦断したら前よりこの国が好きになった。~鹿児島には神がいる~

スポンサーリンク

 

なにか面白いことしたい。

 

2012年の春、たまたまその時期に時間があった僕は思いました。

 

ゼロガ丸です!

 

そして僕は日本縦断の旅をしました。

 

移動手段は自転車。

寝泊まりはテントです。

 

鹿児島県の鹿児島空港から北海道の新千歳空港までおよそ5,000㎞を45日かけて完走しました。

 

日本縦断ルート 自転車

こんなルートでした。

 

日本縦断 クロスバイク 装備

マイバイク。俺はこいつと旅に出る。

 

文化系男子の僕が1日100㎞以上自転車をこぎました。

 

雨の日も風の日も。

 

暗くなったら寝床を探して、

 

テント張って寝る。

 

ぶっちゃけ大変でした。

 

夜の暗闇の中、自転車で山を下った時は死ぬかと思いました。

 

夜中の山道でタイヤがパンクした時は思わず叫びました。

 

けど、

 

それ以上に楽しかった。

 

日本の風景は美しかった。

 

日本のご飯はおいしかった。

 

日本人は優しく、強かった。

 

僕は日本が好きになりました。

 

 

 

 

羽田空港から鹿児島空港

 

鹿児島までは飛行機で行きました。

 

羽田空港まで自転車で行って、自転車を預け飛行機に乗りました。

 

自転車の前輪を外し、自転車用のバッグに入れて荷物として預けます。

 

 

こんな袋に入れます。輪行袋って言うんだって。

 

飛行機の出発が若干遅れたんですが、もしかしたら僕がギリギリの時間に自転車なんて預けたせいで余計な時間を食ったのかもしれません、、、

 

そうだったらごめんなさいね。

 

鹿児島空港のおじいさん

 

鹿児島空港に着いたのは午前11時頃だったと思います。

 

スタート地点の鹿児島では初日からいろんなことがありました。

 

空港を出て準備をしていると、おじいさんに話しかけられました。

 

「お兄ちゃんなにやってんだい?」

 

「これから自転車で北海道まで行きます!」

 

「そうか、頑張りな!これやるよ。」

 

そう言っておじいさんは会ったばかりの僕に5,000円を渡してくれました。

 

!?

まさかの展開!

 

いきなりの出来事にいったん断るも、おじいさんも引き下がらないので、ありがたくいただきました。

 

日本縦断の旅を始めて最初に話しかけてくれた人から5,000円もらうなんて幸先良すぎるやろ!

 

いきなり素敵なおじいさんと出会えて俄然燃えていましたが、

そういいことばかりではないのが僕らのワールド。

 

クロスバイクのタイヤに気を付けろ

 

張り切って携帯空気入れで自転車のタイヤに空気を入れていたゼロガ丸。

※飛行機に自転車を乗せる時は空気の膨張でタイヤがパンクしてしまうため、空気を抜いておくのだ。

 

必死で空気を入れる。

 

すると、、、

 

ボンッ!!

 

スカッスカッ

 

あれ?

 

空気が

 

入らない、、、

 

携帯空気入れが初日に壊れた。

嘘でしょ、、、

 

ないないないない。 

 

仕方ないので空港で空気入れを探しました。

 

なんとか空気入れは見つかったんですが、僕の自転車では使えなかった、、、

 

というのも、流石にママチャリで日本縦断はできないので、日本縦断用にクロスバイク(ロードバイクとマウンテンバイクの中間の自転車)を買ったんです。

 

 こんな感じのヤーツ。イカしたヤーツ。

 

クロスバイクはママチャリと空気入れの差し口の形が全く違うから普通の空気入れは使えないんです、、、

 

空港の人曰く

「この辺の自転車屋さんじゃ普通の空気入れしかないと思うよ、、、」

 

ですよねー。

 

ははははは、、、

 

そんなわけで僕の自転車日本縦断は、いきなりおじいさんに5,000円をもらい、

自転車の空気が抜けたままスタートしました!

 

スタート地点の鹿児島空港を自転車を押しながら徒歩で出た僕の気持ちがわかりますか!?

 

あなたにはわからないでしょうねえ!

 

申し訳ございません。取り乱しました。

 

 

鹿児島の神

 

2時間くらい歩きました。

 

自転車を押しながら。

 

てか、、、

 

自転車屋すら見当たらねえし!

 

鹿児島の風景

けど、めちゃくちゃのどかで歩いてるだけで気持ちいい鹿児島。

 

しばらく歩いてようやく見つけたガソリンスタンド!!

 

ワラにもすがる思いで駆け込みました。

 

出てきたのはめちゃくちゃ優しそうなおじさん。

 

このおじさんこそ神でした。

 

事情を話すと

 

「それは大変ですねえ。自転車の空気入れはないんですけど、自動車用の空気入れで入れられるかもしれません。やってみますか?」

 

「ホ、ホントですか?お願いします!!」

 

ガソリンスタンドにいきなり自転車で現れた僕のために、一銭にもならないのにそこまでしてくれるなんて、、、正に神対応

 

いい人すぎる、、、

 

僕の自転車に車用の空気入れを当ててくれる神。

 

ああ、助かった、、、

それにしても、さっきのおじいさんといい、鹿児島の人はなんていい人なんだろう。

 

そう思いながら様子を見ていました。

 

ん?

 

あれ?

 

抜けてね?

 

むしろ空気抜けてね?

 

うん抜けてる。

 

自動車用の空気入れを自転車に使っているので、うまく空気が入らず、逆に空気が抜けていました。

 

神よ、、、

 

しかし、見ず知らずの僕のためにここまでしてくれたんだから感謝しなきゃな。

 

そう思っていると、、、

 

徐々にタイヤが膨らんできました。

 

神よ!!!

 

なんと神はコツをつかみ、自動車用の空気入れで自転車のタイヤに空気を入れてくれたのだ!!!

 

これを神業と言わずなんと言う!

 

あの時は本当に感動しました。

 

そして心底ホッとしました。

 

僕は何度もお礼を言い、ガソリンスタンドを後にしました。

 

僕にとって日本一のガソリンスタンドです。

 

鹿児島のガソリンスタンドには神がいます。

 

 

僕、鹿児島に住む!

 

神業のおかげでようやく自転車に乗ることができました。

 

最高でした。

 

街が近づいてくると、小学生とすれ違いました。

 

その小学生は僕に向かってとっても元気よく

 

「こんにちは!」

 

と言ってくれました。

 

僕は感動しました。

 

しかもその小学生だけじゃない。

 

すれ違う小学生がみんな元気よく挨拶してくれるんです!

 

東京じゃ体験できません。

 

鹿児島はめちゃくちゃいいところです。

 

f:id:zerogamaru:20180523112413j:plain

 

日本縦断の初日でしたが、僕はもう大満足でした。

 

もう家帰ってもいいな。

 

そう思えるくらい大満足でした。

 

しかも、ホームセンターに寄った帰りには、お母さんにいきなり「頑張って」と飲むヨーグルトを3本渡されました。

 

もう僕鹿児島に住む!!!

 

初日はスタートでだいぶ時間をロスしてしまったので、遅くまで走りました。

 

夜の山道を自転車で下った時は真っ暗で、自転車のライト以外何も見えませんでした。

 

あの時は人生で一番集中したと思います。

 

そんなこんなで適当なスペースにテントを張って1日目が終わりました。

 

いろいろあったけど、鹿児島は本当にいいところでした。

 

ひとがあったかいです。

 

鹿児島に移住、本気で検討するか?

 

つづく。

 

 

【合わせて読みたい】

幕が上がるは大人のための青春映画。誰だって自分のために生きていいんだ!

 

やりたいことがない人がブログを始めるべき理由!人生を変える力が確実にある!

 

ガイアの夜明けで取材されたユニークで熱い会社を10社紹介【企業研究・仕事】