ゼロがマルになる

とてもいいブログ(にします)

【就活失敗談】新卒でベンチャー企業就職したけど半年しかもたなかった話

スポンサーリンク

 

就職活動、お疲れ様です。

 

ゼロガ丸です!

 

就職活動って難しいですよね。

 

そもそも、働いたことないのに「どこの会社が自分に合うか」なんてわかるわけないじゃないですか?

 

情報が足りな過ぎる!

 

そんなわけで僕は新卒での就活で失敗しました、、、

 

ベンチャー企業に就職したけど、半年で退職です。

 

僕は新卒キャリアで失敗してとても苦労しました。

 

未来ある若者たちに僕と同じような失敗はしてほしくない。

 

そんなおせっかい心からこの記事を書きました。

 

よかったら就職活動での参考にしてください。

 

結論から言うと、

 

新卒でベンチャー企業へ就職することはオススメしません。

 

 

 

新卒の会社選びは超重要

コーヒー

 

新卒のキャリアは大事です。

社会人になりたての育成期間に基礎ができれば、今後のキャリアで大きく活かせるでしょう。

 

逆に、僕みたいに最初の企業を短期間で辞めてしまうと、そのあとのキャリアで不利になります。

 

僕は短期間で転職を繰り返してきましたが、キャリアの入口である新卒の就活で失敗した影響は少なくないと思います。

>>仕事が続かない僕が26歳で会社を辞めた時に実家を出た理由と現在

 

短期間で仕事をやめると転職に不利ですが、無理に働き続けると体や心を壊します。

そうなる前に辞めた方がいいと僕は思います。

 

なので、新卒の会社選びは本当に重要!!

 

 

新卒でベンチャー企業に就職するのはオススメしない理由

 

新卒が働き続けるには非常に厳しい環境だからです。

 

僕が就職した会社はこんな状況でした

 

・頼れる人、指導してくれる人がいない

・過労死レベルの残業時間

・給料安いし残業代出ない

 

一言で言うと薄給激務です

 

ちなみに、僕が就職したのは誰もが知るようなベンチャー企業ではありません。

設立10年未満で、正社員が30名ほど、事業拡大のペースに人材の確保・育成が追いついておらず現場は疲弊していました。

 

頼れる人、指導してくれる人がいない

 

事業拡大を第一にしているため、圧倒的に人手が足りていませんでした。

 

また、僕が配属された事業は立ち上げたばかりの事業。

しかも、人員は新卒の同期と二人だけ。

 

新卒二人でできたばかりの事業を運営してたんすよ!

ベンチャー企業マジパねえwww

 

仕事の進め方を教えてくれる人もサポートしてくれる人もいない。

全部自分たちで調べながら手探りで仕事を回してました。

 

周りを頼ろうとしても、

・新規事業なので先輩もわからない。

・幹部は過労で倒れたり、あり得ないミスをしたりすでにボロボロ

 

完全に詰んだ、、、

 

過労死レベルの残業時間

 

Yシャツ

 

完全に手探りで仕事をしている上に、会社はどんどん事業を拡大しようとする。

 

そうするとどうなるか?

 

仕事がどんどん溜まっていく。

 

帰れない。

 

毎日終電ギリギリまで働き、締め切りが迫ると会社に泊まり込むこともしょっちゅうでした。

 

残業時間は余裕で過労死ラインを越えてました。

 

給料安いし残業代出ない

 

馬車馬のように働いても、その分給料が増えるならまだいいですが、

もちろん残業代など出ません。

 

完全にいいように使われてましたね。

新卒社員の社会経験のなさややる気を利用したあくどい手口です。

 

だんだん腹が立ってきました。

 

もちろん、全てのベンチャー企業がこうというわけではありませんが、少なくとも僕が入社した会社はこんなでした。

 

新卒でのベンチャー企業への就職は非常にリスクが高いです。

 

 

就活で失敗しないために

 

新卒は「やりがい」よりも「基礎固め」

 

たしかに、ベンチャー企業は自分で決められる範囲は大きいです。

会社はそれを「やりがい」と言います。

 

まあやりがいにつながるのは事実です。

ですが、実力が伴わないうちに「やりがい」を求めると潰れます。

 

新卒でのキャリアでは「基礎」を固めましょう。

そして、ベンチャー企業では基礎力を磨くのは難しいです。

 

ベンチャー企業はある程度社会経験を積んでから働いた方が身になると思います。

 

新卒で働くには過酷すぎます。

 

それではどういう起業に就職すべきか?

 

雰囲気・社風はあてにならない

 

就活の時に感じた雰囲気や社風ははっきり言ってあてになりません。

 

・自分の配属がどこになるか?

・上司が誰になるか?

 

結局この二つが全てです。

 

サポート・教育体制なんかも実際に働いてみなければわかりません。

 

入社後に状況が一変することもあります。

 てかそんなことしょっちゅうです。

 

なので、あまりふわっとした基準で会社を選ばない方がいいでしょう。

 

企業選びで重要なのは仕事内容と待遇

 

なんだかんだ重要なのは仕事内容と待遇です。

 

両方が満たせれば完璧ですが、少なくともどちらか一つは満たしていないと、かなりしんどいです。

 

仕事内容

 ・スキルや知識を活かせる

 ・好き

 

自分の経験や知識、スキルを活かせる仕事内容が一番楽です。

むしろ、どれもないとめちゃくちゃ苦労します。

僕のように、、、

 

できれば楽しいし、できなきゃ辛いです。

ベンチャー企業でできないと地獄です。

 

仕事内容が好きか?あるいは興味がもてるか?

これは非常に重要です。

 

仕事で成果を出そうと思ったら、けっこう頑張らないといけません。

重要なのは知識量です。

 

自社の商品、サービスはもちろん、競合や業界全体の知識がないとやりがいのある仕事なんてできません。

 

好きじゃない、興味の持てないことを仕事にしていたら、とてもそれだけの知識なんて身につきません。

人間そんな優れものじゃないです。

 

逆に好きなことを仕事にできると強いです。

どんな仕事がしたいのか悩んでいるという方はこんな記事も参考にしてみてください。

>>ガイアの夜明けで取材されたユニークで熱い会社を10社紹介【企業研究・仕事】

 

 

待遇

・給料

・休み

 

待遇は大事です。

本当に大事です。

 

やりがい。成長。

そんなものは二の次三の次です。

 

というか、やりがいや成長は大事ですけど、

会社に求めるべきではないかなというのが僕の考えです。

 

やりがいは自分で見出して、自分で成長しましょう。

そっちのスタンスの方が楽しいです。

 

会社に求めるべきはお金と休暇です!

 

やりがいとか社風は入ってみないとわかりません。

なので、企業選びの基準としてはよろしくない。

 

給与と休暇。

これはきちんと定められた条件です。

 

ここだけに関しては入社後にギャップがあることはありません。

むしろ、入社前に手に入る情報で唯一あてになるものです。

 

僕からの個人的アドバイスですが「休暇」は本当に大事です。

 

社会人は時間がないですからね。

リフレッシュして、勉強をするための時間の確保がとても重要です。

 

そのための時間が確保できないと、飼いならされ、やがて疲弊します。

 

①自分の性格やスキル、知識、経験が活かせる仕事で、

②給料や給料がなどの待遇がいい会社を選びましょう。

 

 

まとめ

新卒でベンチャー企業への就職はあまりおススメしません。

 

・新卒キャリアは教育期間で、社会人としての基礎を身に付けるべきですが、ベンチャー企業では身に付けるのが困難

・実力を遥かに上回る難易度と量の仕事が降ってくる

 

社会人としての経験をある程度積んで、得意分野ができてからベンチャー企業に就職した方が順番として無理がないと思います。

 

 

社風、雰囲気、教育体制はあてにならない。

 

これらは大事ですが、ぶっちゃけ入社しないとわかりません。

なので、会社選びの際、あまり比重を大きくしない方がいいでしょう。

 

二つの会社で悩んでいるときに、最後の決め手にするくらいがいいでしょう。

 

仕事選びのポイント

・自分の経験、スキル、知識が活かせる仕事

・好きなこと、少なくとも興味が持てることを仕事にする

 

会社選びは待遇が全て

・少しでも給料がいい会社

・少しでも休みが多い会社

 

社会人からすると当たり前なことかもしれないですけど、

新卒の時の無知な僕はその重要性に気づけませんでした。

 

そして見事に爆死しました。

 

なので、これから就活をする学生さんはよかったら参考にしてみてください!

 

納得のいく就活ができることを祈っています!!

 

就職Shop

就職Shop

 

 【合わせて読みたい】

やりたいことがわからない。そんな方にオススメの映画です。

>>幕が上がるは大人のための青春に映画。誰だって自分のために生きていいんだ!

ブログを始めてみませんか?

>>やりたいことがない人がブログを始めるべき理由!人生を変える力が確実にある!

一人暮らしを始めるならこちらもどうぞ!

>>初めての一人暮らしもこれさえ読めば完全攻略!決定版ガイドブック!